森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
blooming
2008-04-28 Mon 21:51





牡丹の空





牡丹のうつろい。。
ボタンと発音するより ぼ う た ん
やわらかな やさしい響き。。。
ぼうたんの吐息に 耳をすます
だけど 楽園にはね 
落とし穴があるんです(*_*)
ふらふらと 牡丹の園を彷徨ってたら
ほんとに ハマってしまいました~☆(>_<)




ちょっと おやすみ




そう ここは~あのedenなんです
そうして 
森の賢者がひとり 棲んでいる
彼が 歳月をかけて 牡丹に注ぐ愛
なぜ 賢者かというと
それはね
ときどき 透徹したコトバを発するから(*^_^*)
小さなお花に 夢中になってたら
もっと 全体を見よ
とかね(o~-')b




牡丹 ひらきそう





花に通じ 書に遊び
だけど 世捨人じゃない 牡丹だけじゃない


立浪草 いのちをささげます


こんな足下の 野の花にまで ゆき亘るココロ
裏山に お寺を建てちゃったり
鶯の谷渡りが響くだけの 花園
天王という地の 守り人だから なのか




ひらきそう 蘂/





カクテル~じゃなく^^
百花の王 ぼうたんに酔う
座れば 牡丹♪
そうそう この日はね
狐に化かされちゃたんです^^
こんなの 
祖母の時代のお話かと思ってた。。
早起きの先発隊を結成して
張り切ってたのに
竹藪をいくら上っても
edenへ 辿り着かない不思議^^;


たかんな/


スタートから波乱
迷子なのに 写真撮ってるし^^
まぁ 風花的には 定番だけど^^
村人にも 心配されて 
危うく 百物語の主人公になるところ^^
もしかして ここは 百年を眠るブリガドーン^^?




紅





ということで
いつもの吟行だったんだけど
特筆すべきは
風花句会 はじまって以来の大所帯で
初参加 久々参加 常連さん
なんだか~ウレシイ~~☆
感じたことを 率直に言い合って
そうかぁ~こんなこともあり なんだね
少しずつ 俳句の世界は拡がる




つぼみは ゆめみる




さらに
チャレンジしてみたいプランも
いろいろと浮上中(^-^)g"
まずは
ロケハンのスケジュールを決めてっと


尺取の尺度/



ぇ?落とし穴/~~
そんなの 生きてる限り 限りなくf^_^;
ひそかに 原稿の準備もある
大丈夫o(^-^)o
夏への序章は
どこまでも クリアで煌めいてるから。。




風のぼうたん/
風のぼうたん



小さな画像は クリックしていただくと
元のサイズになります^^@
スポンサーサイト
別窓 | kazahana | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
asymmetry
2008-04-25 Fri 20:17




なんとなく
いい風が吹いてきた^^

そう
みづうみまで 桜を追いかけて 。。
はつなつの光景に出逢う の巻(*^_^*)



余花
余花




水辺をサイクリング~なんて気持ちいい~~☆
みづうみのまばゆさに
ちっぽけなワダカマリは 溶けてゆく。。。




木に登る




ふと 
桜の木に上ってみる^^
ひかりの向こうに見えるのは なにかしら
一瞬 
蜃気楼が浮かんでいても 不思議はない
そんな麗日(^-^)g"




十二単
十二単




社内のストレス診断の結果が届いて
封を切る  ドキドキ~~/~~

診断書を見て 
なぜか お店で盛り上がる^^
こういう質問って
答えを選びにくいから
かえって ストレスを生み出してる 気もするなぁ




花びら
流花



w(☆o◎)w 結果?
ストレスに対して 比較的 無自覚らしい^^

ストレスへの対処
これが~ちょっとね
マイペースで乗り切れる程度なら
大丈夫だけど
突発的で
強烈なのに対して 守りが弱い ふむむ。。
仕事とプライベートと
対処の仕方は 
必然的に 異なるのかもしれない




禁猟区
葉っぱのシールド^^;




が しかし^^
そんな緊急事態パンチを 
あらかじめ予測して 
柔軟に回避なんて 。。
できるんだろうか。。。
余程の鍛練を積んだ 
強靭なココロの持ち主だね^^きっと うん




蜃気楼
ミラージュ




しなやかでタフ
そんなハートを持ちたいな 切に
風に揺れる 野の花のような^^

波のハープは 眠気を誘う
夢から醒めた夢の中で あなたを想う^^
そんな深春




きんぽうげ
きんぽうげ 

別窓 | essay | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
beyond
2008-04-18 Fri 20:28







DSC_0112 八重 濃紅_サイズ変更
恋紅  




飛花落花 桜蘂降る 

風と戯れるさくらは
余花の気配さえ感じられて

ちょうど 春と夏の重なる
ゆきあいの頃
そんな 季節の十字路に佇むオフ

御所の桜は そろそろ見納めかな^^
いつもの翡翠は 来てるだろうか。。




DSC_0207  花筵_サイズ変更
花筵  




近衛邸あとは 花の名残 
散りゆく桜を追いかける
せせらぎの花筏
ふかふかの桜の園を抜けて 

ちょっと 街歩き
と言っても 御所のお隣の
烏丸通を ぶらぶら

すぐそこに 母校への曲がり角
御所の周りの 苦手なロードワーク^^;
ここへ来ると すべてが甦る。。。 
小さなチャペル^^*
護王神社 なるほどね 王を守るか。。




DSC_0558 えんじぇる0_サイズ変更
angel




芽吹きはじめた銀杏の通りを ゆっくりと
ギャラリー きょうは お休みのようですね
コクトーの天使が お留守番^^☆

さらに入った 室町通には
ひっそり お香屋さん
ほんとうの老舗は 静寂の中にこそ
角の本屋さん なくなってしまったな

花の果てには
けれど
想い出の街が ありました




DSC_0521_花は葉にサイズ変更
花は。。




こちらにも 桜花流浪^^*
minstrel☆sanctuary

別窓 | essay | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
eden
2008-04-11 Fri 20:50





mezame
mezame




また 
見つけちゃいました^^*
鶯のこゑと風が渡る だけ 
そんな 静寂の地



tubaki
tsubaki




霞の奥の 木漏れ日の
さて 
此処は いったい。。。
もしかして シャングリラ。。




nirinso
nirinso




二輪草に~出逢いました。。 
春だから 揺れてるの^^ 
けど でも ひそやかに可憐^^*
叡山菫とか 蔓桔梗 奇跡のような蓮華たち




DSC_0002 suzumenoteppou_サイズ変更
suzume no teppo




畦や水辺や羊歯の影
野の花オールキャスト♪
モチロン 桃源郷だけあって^^
とびきりの桃の花まで 待っててくれて




momo
momo




春深む いつのまにか 暮春
そして 密かに 歌仙進行中。。。
蛙の目借時だから ひたすら眠いけれど
順番が廻ってくると^^
頭脳も ココロも活性化☆



noitigo
noichigo




そう 覆るというか
細胞レベルで なにかが変わっていく感じ
はじめてのフィルターから
世界を見つめたとき みたいにね^^w




rengyo
rengyo




え? ここは~何処かって^^?
それは~~そのうち^^v  
to be continued。。。



蛇穴を出でてエデンの東かな   吟遊詩人




eden
for Eden




別窓 | whisper | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
recipe
2008-04-04 Fri 22:42





DSC_0056 g t_サイズ変更
kurenai




accuracy of death

春の宵は 心地いいから レイト☆シネマ♪
タイトル☆sweet rain 死神の精度
死神って あの~ノートの じゃないんです^^
原作 伊坂幸太郎/~~ 

人間が作ったもので一番素晴らしいのはミュージックで、もっとも醜いのは、渋滞だ。
それに比べれば、かたおもいなんてのは 大したものではない。そうだろ?
最悪なのは、戦争と除外品だ


無類の音楽好きで CDショップに入り浸る 死神さん
しかも 無条件 犬好き^^
作者と ダブるなぁ。。

俺が仕事をすると、いつも降るんだ。

この死神は 雨男 らしい
ウンザリするほど 遙かな時間を生きていて
だから クールで ちょっと。。ズレてる
まるで ブラピのジョー・ブラックみたい*^^*
なのに 恋に落ちない不思議^^
そこが 伊坂らしいレシピで
映画ではね 雨降らし。。タイヘンだった みたい




DSC_0091 g_サイズ変更
hana koi




7days judgement

人が死ぬって特別なことじゃない。
でも、大事なことだよね
なにを笑ってるんだ?
眩しいんだよ、太陽が
なるほど、人間というのは、眩しいときと笑うとき、似た表情になるんだな


見慣れた世界を 
死神目線で パラレルに眺める
そこから見えてくるものとは。。
ラストシーン 
まるで 久高のウタキみたい
死も生も ナチュラル
だけど 大切なこと

誤りと嘘に大した違いはない。微妙な嘘は、ほとんど誤りに近い。

得意のオムニバス 
短編のようで 実は繋がってる
シネマでは 金城武
彼の死神は 恋する惑星 のイメージ^^
変幻自在な死神を 
リアルに ファンタスティックに
可 とか 見送り とか
それが 死神のお仕事。。

自分と他の人が同じことを考えたり、同じことを言ったりするのって、すごく幸せに感じる

これって~原作のみの科白だけど
共感したり 共振したり
そんなシーンが
花びらのように 降り積もっていく
だからこそ
こんなにも 愛しいんだね
さくらも ひとも。。。




DSC_0075_花の雫サイズ変更
sora
別窓 | cinema | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| MINSTREL LYRIC |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。