森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
蝶は旅をする
2008-09-30 Tue 20:52




ホトトギス
ホトトギス  ユリ科   花言葉  永遠にあなたのもの




霧のような雨
きょうも 止みそうにない

森には
いつか
ホトトギスが咲きはじめて

祇園さんのころ
けなげに咲き継いでいた
ヒオウギは
漸く ぬばたまの実を結ぶ




ヒオウギの実




渇き ふたたび 濡れてゆく
そんな森の奥で
旅をする蝶に 出逢いました




サルビアの罠




彼は
フジバカマの香りと蜜と
なにより
静寂を好むから
こんな細やかな雨の
誰もいない森に 顕れる




ムラサキツユクサ




唐突に

幾度も交わした 
約束のように




蝶は旅をする
アサギマダラ Parantica sita




この蝶は
春の北上 秋の南下
大規模な季節移動をしながら
世代交代を繰り返す
そんな
フシギな習性を持っている らしい

蝶は旅をする。。
そうなの^^?

だけど
彼に逢えた それだけで
なんだか いいこと ありそうな予感^^*




サクラタデ




蝶は
サクラタデの目覚めはじめた花野を 
しばらく 彷徨いながら
少し
名残を惜しむように
ゆっくり
視界から 遠ざかってゆく
シルフィードのように
何処へ




シモバシラ




これは
シモバシラの花
シソ科

深い森の
雨の闇に
夢みるように
浮かんでいました

この名の由来は
枯れたあと
寒い日に もう一度 花をつけるから
それは
地中の水分を上げて結晶する 
氷の花
雪の女王の宮殿にこそ ふさわしい
見てみたいな いつか。。




箒草




箒草 
ちょっと 紅を差している
秋が深まると
燃えるようなピンクに
源氏ゆかりの草ですね。。


下界は
しっとり雨だけど
新たな月が 
はじまろうとしていて

封印された翼は
再生を促すように ときをり疼く
さぁ
古くなってしまった殻を脱いで
そろそろ
生まれ変わろうかな~なんて^^*




雫の宇宙
秋桜  キク科    花言葉  真心
スポンサーサイト
別窓 | whisper | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
Art live project 
2008-09-21 Sun 21:06




松虫草




なにかが はじまるときの ワクワク
ステージ独特の空気が わたしを包む
心地よい緊張感に触れて
体温が 少し上がる刹那

そう きょうは
いつの日にかと 憧れていた
ダンスパフォーマンス☆Art live projectの日

生憎の雨 
ステージの外では 雷鳴
雨垂れの音
それらも この舞台の為のBGMのようで




糸蜻蛉




このステージは
あるSNSでのフシギな出逢いからはじまる
ドキドキ^^*
待ち合わせていたMさんと
アートコンプレックス3階ホールへ
このビルの作りも内装も 
アンティークな雰囲気が ダイスキ~☆

彼らのダンスは
呼吸のように
たちまち
わたしを異世界へ連れていってくれた




クロス




ダンスなんだけど お芝居のように
異なる分野のダンサーやアクターが
それぞれの持ち味を生かしながら
競い合い 融け合う
そんな実験的試み
音響 照明 美術 ダンサー
何れも 際立って 素晴らしい




松虫草




中でも
拓磨さんのダンスクラシックは 息をのむ
鮮やかなピルエット ジャンプ
どの一瞬も 
彼のダンスは チャーミング^^*

夢とうつつのあわいを
夢見心地で 彷徨うひととき

ふたたび
コトバを紡ぐことができるかもしれない
そんな勇気が満ちてくる

誘って下さって ありがとう Mさん^^*

Art live project Act5 机上の人々 2008 Edition 
9/23まで
京都三条ART COMPLEX 1928
artcomplex


過去のArt live project 映像です 
僅かですが 彼らの素敵さを 垣間見ることができますょ^^*


別窓 | review | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
秋霖
2008-09-20 Sat 07:47





秋霖
秋霖 



蒼芒
蒼芒



神護寺
神護寺 



蜉蝣
草蜉蝣



連子
連子 



水の窓
水窓 



山雨来る
山雨来る 



多宝塔の錠
多宝塔



雨雫




かわらけ投げ
かわらけ投げ



山霧
山霧 



酔芙蓉
酔芙蓉 暮るる
別窓 | scene | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
さざなみの
2008-09-15 Mon 07:51




翔




時




千日紅




光




実




波




鏡




雨




貝塚



三時草




漣




椅子




天使の喇叭


別窓 | scene | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
良夜
2008-09-14 Sun 23:49




修学院




修学院あたりを歩くのは 久しぶり(o~-')b
風花句会なんだけど 少し事情があって
赤山禅院のへちま加持は パスしました(>_<)




秋澄む



タクシーで 曼殊院の前の弁天茶屋に落ち着く
あら^^もう薄紅葉




薄紅葉




急に たっぷり時間が生まれて
ちょっと戸惑いながら 弁天さまにお願いごと。。o(^-^)o
あ。何を祈ったかですか^^?それは~ヒミツね^^




弁天さま



メンバー到着まで 
秋簾の向こうの薬草園を遠目に ゆるゆると
ときおり テニスコートの音が 響いて
飛び切り贅沢な時間

新たな参加をいただいて 和やかに澄み渡る句会
風花の空気に 溶け込んで下さったようで ほっ^^*
また いらして下さいね~☆Sさん




鳥居の鳥



きょうほど 
風花のひとりひとりの 
あたたかさ優しさを感じたことは なかったかもしれない
ホント ありがとう~
とっても 元気になりましたょ^^*



秋海棠



出町柳でみんなと別れて 
約束していた なぞやしきへ

知恩寺さんの芙蓉たちは 
夕べの気配



夕日の芙蓉



あたりは すっかり 花野の風情




韮の花



花野



フジバカマ




今宵は 十五夜 
なぞやしきの設えは また格別で
なんだか 良夜にふさわしい集まり




k-taさんの月の庭




帰りに 門に佇んで眺める月のひかりは
ほんとうに さやか
ココロに沁みましたょ ありがとう。。k-taさん




なぞやしきの月



別窓 | kazahana | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
September stroll
2008-09-06 Sat 23:31




ネコノヒゲ
色なき風



なぜか
〆切前になると 違うことがしたくなって/~~
だ か ら カメラ散歩o(^-^)o



吾亦紅



さぁ~聞き耳頭巾を身につけて
森へ…



ユキミバナ
 


わたしにとって 森は 
格好の隠れ蓑なのかもしれないな~(o~-')b



水辺


誰が 齧ったの^^?


誰が



ちょっと ご無沙汰していたら
秋の草花 繚乱(^-^)g"
いきなり 赤蜻蛉
ね。。 
見守ってくれてる^^?



赤蜻蛉



澄み渡る空気の中で 
野葡萄は 
やがて 瑠璃に染まってゆく



野葡萄
野葡萄



ヤブツバキに絡まる葛の花が いい香り
薄紫の これは なんの花かしら。。 



なんの花?
ツルボ 参内傘




わたしのドラゴン☆カナヘビ君が 迎えてくれた
けれど
仕草も表情も なんとなく大人びていて^^




ドラゴン




ドキッ^^*
とうとう 王蟲まで 顕れた^^?




王蟲^^*



淡海で出逢った センニンソウが
ここにも ひっそり咲いている




センニンソウ




イチイガシの木蔭で ひとやすみ^^*
ふと 気づけば
啼き交わす小鳥たち 
小鳥来る
これは 秋の季語 ダイスキなコトバ




木蔭のベンチ



水際は いつのまにか 
ツリフネソウの花盛り

このふたりは ただいま交信中~^^*
このくらいの距離が いい感じ^^?
ん…ちょっと淋しい かなぁ なんて^^




ふたり



こちらは 赤紫のツリフネソウ
まだ 朝露を帯びている。。




ツリフネソウ



森で道を聴かれても
ようやく 案内できるようになってきて(*^_^*)
近道なんかも 教えてて




ひとり旅



芒の下蔭に ほら
ゲンノショウコ 
風と戯れてる 夢みるように 




ゲンノショウコ



雨予報も どこへやら
夕日の森は 
あらゆる影を 遠く伸ばしてゆく
ちょっぴり 人恋しい
そんな September☆stroll




せぴあ
別窓 | whisper | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
| MINSTREL LYRIC |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。