森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Bon annee
2008-12-28 Sun 21:03




寒椿



たぶん 
これが 今年のラスト☆ブログ
って いつもの つぶやきだけれど^^*
ちょっと 
リアル世界で 疾走しておりますゆえ



ツタンカーメンの豌豆 冬囲



振り返れば
いい一年でした。。

仕事 俳句 写真
そこに 
短歌という ヨロコビがプラスされて
どんどん 世界が拡がってゆく



水仙



だから 
楽しくて仕方ないの
生きてることが

感謝でいっぱい



冬薔薇



ときどき 
落ち込んだりもするけれど
ポジティブなんです~基本^^v

たちまち いい風を感じて
浮遊するタマシイ



ナツハゼ 冬芽



目標 ですか

エレガントで フェミニン
これに尽きます~^^* 
遠いけれど^^;




沈丁 春待ちの花芽



夢 
もう たくさんありすぎて~☆

近いところで
4月の楽しみ 
これは まだ ヒミツにしておこうっと^^@




葉牡丹



夢をあきらめない
ずっと 夢の途中だから
これが 
いまの心境 かな

この1年の 
出逢いに感謝します
忘れられない想い出 
ありがとう~☆

どうぞ 良いお年を。。
Bon annee



かくれんぼのカイを探しに寒林へ
スポンサーサイト
別窓 | whisper | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
聖夜
2008-12-24 Wed 00:58









聖夜のスライドショーは
なぞやしきの兎さんが
スペシャル☆ゲストですょ
ほら 元気になって ほっ^^*
なぞやの主は 
なぜだか お留守だった な。。


さて
詩のブログに 
歌人=出微衣さん と 俳人=くみこ による
歌仙☆コラボレーション
真冬の森の巻 を載せました

出微衣さんは 
わたしの歌仙の宗匠
俳句に 77つけるだけだから♪ 
って 逡巡するわたしを 
歌へと 導いて下さいました
だから 
わたしにとって 
ダ‐ヴィンチのような存在。。

そんなふたりが
歌仙を巻いた場所は 
さて どこでしょう^^* 
ヒント 太陽の塔の。。
みんぱく=国立民俗学博物館 
そこでは
風花の歌人 Kさんが 
あたたかく迎えて下さいましたょ^^♪

 
アジア~オセアニアより届いた
吐息の感じられる展示物を
ひとつひとつ見つめながら
ふと 立ちどまって
聴こえない声に 耳をすます
見えないものを 見るように

未知の国の文物から 
インスパイアされたコトバで
詩形式の自由律歌仙を巻く
わたしは ときどき カメラ彷徨^^@

はじめての試みです 
おそらく 世界初~~☆

歌仙の決まりは あるものの 
伸びやかで 自由なカタチ 
旋律は ココロのままに 
コトバの海原へ

思いっきり 解き放たれて
時間の旅 
記憶の旅
刺激的で~楽しかった。。
また 機会があれば
ぜひ トライしたいな。。 。

出微衣さま 
ありがとうございます☆
感謝を込めて


そんなこんなで 
ちょっと
夜更ししてしまひましたが^^;
こちらから^^*

minstrel☆sanctuary



素敵なイブ 
そして 
あたたかなクリスマスを
きょうも
ひかりに満ちた 
やさしい ひと日でありますように。。
別窓 | whisper | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
夢みたものは
2008-12-20 Sat 16:14



落葉




みんな夢 雪割草がさいたのね   鷹女

こんな句があるけれど




水鏡




みんな夢
 
これは いろんな解釈ができるなぁ

すべては 儚い夢だった。。

なんだか

いのちのオワリに

つぶやくようで

果たして それだけだろうか




百合




消してしまいたいこと

忘れてほしいこと

すべて夢だったら いいのに

こんなふうにも とれる

想像を巡らすことができる

これは 秀句の条件

ひとつの詩歌が

作者を離れて 歩きだす瞬間




枝垂




いまごろ

雪割草の根っこは 

まだ 

ふかふかの土の中で

息をしてるだろうか

やすらかで やわらかな吐息。。

春の雪を 待っている 

待ち望んでる ひかりの春を




一葉




信じてたことは

やっぱり。。勘違い だった 

ううん。。そんなことない かも

なぜだろう

ゆきわりさう 

ひらがなのほうが すき。。





林床





夢みたものは ひとつの愛

ねがつたものは ひとつの幸福

それらはすべてここに ある と



 立原道造   優しき歌  より抜粋





水樹
別窓 | whisper | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
ありがとう
2008-12-18 Thu 06:49




フウ



お誕生日のお祝いを
ありがとうございます

コメントやメール メッセージ
どんな花束より ウレシイ。。^^*

ひとりひとりの一年は
その誕生日から はじまる。。
どんな一年でしたか

そんな問いかけのコトバ
いまも それを考えていて
まだ ちゃんと
コトバにならないけれど

出逢うことで
浸透し 反発して 変容する

だから たぶん
これからも
立ち止まったり
振りかえったり

だけど
二度とない
一瞬をタイセツに
想いは 降り積もるまま
わたしの コトバを奏でたい




ひかりのフウ




ダイスキなフウ
いつも かならず逢いにゆく
フウに そっと触れる

いったい
いつから そこにいるのか
途方もない時間を 生きていて

どんな光景を見つめてきたの
フウ

ときどき
小鳥がやってくる
ひかりや風と戯れながら
嵐の予感

月の光に照らされて
実を結ぶ
そして
季節は いつしか
雪の舞うころへ。。




フウ ひとりじゃないよ




極月のフウは
いのちの色に染めた葉を
ゆっくり 落としてゆく

風が散らすのだろうか
自らの意志なのか
いちまいのフウの旅が
いま はじまる




水のフウ




俳句と写真のエッセイ upしましたょ
アドバイスをありがとう^^*
感謝を込めて。。

こちらから^^* minstrel☆sanctuary
別窓 | essay | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
アルテミスは 狩に出てしまった
2008-12-09 Tue 00:00




magnolia
白木蓮     花言葉   忘却




極月の森は
小鳥たちの気配

ささやくように
ひそやかな音に 
耳をすます

木の実が
ひかりに透けて
pure red 。。




山茱萸
山茱萸 さんしゅゆ     花言葉  敬慕





だから
また
ここへ来てしまったょ

なんだか
双子の兄 アポロンを慕う
アルテミスの気分^^





prism




まわりの木が
葉を落としてゆくと
あらわになる
森の策略

旅の途中 だったのかな
プリズムの罠に
囚われた
ひとりぼっちの草の絮。。




冬日向
額の花     花言葉 謙虚




静かに 枯色が進む
森の奥で
こんな淡いトーンを
保ってる花びら。。

夢みるように




神から人へ
ナンキンハゼ




指先が つめたくて
ふと
忘れた手袋に気づく^^*
そんな季節




希望
山櫨子 サンザシ バラ科   花言葉 希望




寄り添うように
ひかりを惜しむように




冬木の芽




ひかりを弾く冬芽




アキニレ
アキニレ




水面に置いた影は重なり

葉脈を透るひかり




極月のひかり
錦木 ニシキギ




ひかりと影は
ひとつだったんだろうか
離ればなれになってるけれど
一番
遠くて近しいもの




芒





ドキッ。。 鵙の贄 

当の鵙は
この桜の冬芽に 
獲物を置いたことなんて
すっかり
忘れてしまったのか




鵙の贄
sacrifice




目の前のことを
ひとつひとつ
片付けて

ふたたび
歩きはじめよう
あの朧の木のように


My birthdayに
感謝を込めて^^*

家族へ 友人へ 
そして 
あなたへ ☆・*:..。o○☆*゚¨゚

Many thanks
Kumiko with Love




漣
別窓 | whisper | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
under forest
2008-12-04 Thu 16:34




ハイアット



森の息吹
そんなタイトルの作品展 

なぞやしきのk-taさん 染めのインスタレーション



kimono



彼のお友だち 陶の造形 Uさん 



mizube



ドライポイントの Hさん



dp



もうひとり 造形の作家さん の4人
作品は
この白い箱から 覗いてる小鳥さんです



kotori



いつもと異なるのは 
それぞれが独立した展示ではなく
k-taさんの染と
森がテーマの版画と 
幻想の森の生きものたちが
無理なく 融合しているところ

それが また とてもナテュラルで
しばらく 
そのフシギさに 気づかなかったほど^^*
こういう魅せるdisplay 
さすがですねぇ k-taさん

ホテルのイルミネーションが 
さりげなく 
クリスマス気分を盛り上げています

大阪南港 ギャラリー ハイアット 12/11まで




gallery



帰りに 夕映えのコスモスクエア駅から
トライアングルの月 金星 木星が見えました

1日目のスマイリーから 
空中ぶらんこのように 一夜で 逆転
2日目は 三日月が 逆さになって
ちょっぴり 淋しそうだった。。
そして きのうは ふたつの星が 
月から さらに離れていく

ベツレヘムの星の起源とも言われていて
予兆を感じた人々のキモチが
時を超えて 伝わる
そんな夜空でしたょ

この素敵な 奇跡を
はやばやと 教えて下さった
Eさん ありがとうございます^^♪
1日目の夕刻は
ちょうど 仕事を終えたばかりで
お友だちから メール~☆
思わず ビルを飛び出しましたょ
みんな 夜空を見てたんだねぇ^^w
アリガトウ。。

ぁ 写真 ですか。。
お月さましか 写ってなくて^^;
わたしの目では 確認できたのにな☆ 
D80のご機嫌がよくなかったか 
ウデのモンダイか。。

そんなワケで
このところ ずっと 天空ばかり
見つめておりました
下界のことに 疎くなりそう。。^^;

ひと足早い
夜空からの 贈りもの かな^^*
タイセツなことは 
ココロの抽斗に 
そっと 仕舞っておこう。。



dusk



exblogにて 初☆スライドショー  
Kyoto stroll 展開中^^*
極月の時間は 駆け足ですが
ほんの2分少々 
tea breakのときにでも 
ちらっと^^眺めていただけたら
ウレシイかも^^@

こちらから^^* minstrel☆sanctuary
別窓 | art | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| MINSTREL LYRIC |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。