森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
春待ちの木は .。☆・*:..。o○☆*゚¨゚
2010-01-29 Fri 08:41




DSC_0081_サイズ変更
臘梅 ロウバイ科 Chimonanthus praecox    知恩寺










どん底でも 
どん底だからこそ
あとは 浮上すればいい



気づかないうちに 舞い降りたひかりは 
いつか ヌクモリとなって 
少しずつ わたしを甦らせる



そう
あのくれなゐの 木の芽のように
ひかりへ向かって
あせらず ゆっくり伸びていこう











DSC_0137_サイズ変更 g c










フォトは 
ひかりの柱と呼んでいるモノ
ちょっぴり シュ~ル^^??

いったい 何に変容するのか
それは わたし次第。。



京大博物館へ 大舩 真言さんの絵を見に^^*

昨春のニュートロンの テーブルのような造形と
並べられた鉱物を削って描かれた 小さな絵
彼の絵には 遊びごころがあるから 楽しくて
それから アンモナイト。。☆

 
 大舩 真言さんのコトバ

 人は、物と出会い、響きあうことによって
 見えている事象に留まらない、見えない領域を感じることができます。
 形なく存在しているもの。時を超えても存在するもの。
 それは人と物が対峙する時、
 人の中に生まれ、存在することができるのではないでしょうか。



はじめて見た 狩野智宏さんの硝子作品amorphous
 
それは パープルの渦だった 混沌と安堵と
そこには 未知の宇宙があった
調和 そんなコトバが ふっと浮かんできた


化石や古文書が 語りかける
ほの昏い空間を 
京大俳句会の仲間の展示を見て歩く



なんだか フシギな体験だった


どこからか 発信される音が
ときをり 耳に届き
地層のハザマから
ムクムクと顕れる なにか

これが モノ
モノは もののけ もののあはれ


身の回りから 彼方まで
モノは 呼吸し存在する
彼らは わたしに 
なにを
語りかけようとしているのだろう





モノ学・感覚価値研究会 展覧会 物からモノへ

場所:京都大学総合博物館

日時:2010.1.31.まで
   9:30~16:30
   月曜火曜休館

http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0011.html








DSC_0084_サイズ変更 せいようしなのき
セイヨウシナノキ シナノキ科 Lindenbaum  Tilia europaea








そして
春待ちの セイヨウシナノキ
Lindenbaum 


シューベルトの歌曲 リンデンバウム
これは ちょっぴり哀しい歌
けれど  
ゲルマン民族にとって 
神聖な木で 自由の象徴だったとか



すべての事象には ひかりと闇
そんなことを ふと。
スポンサーサイト
別窓 | essay | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
黄金のまどろみ & ちょっと気の早い☆お知らせ^^*
2010-01-20 Wed 21:28





DSC_0048_サイズ変更










試写会 行ってきました~^^*

ゴールデン スランバー


原作 伊坂幸太郎
だったら 
これは もう 行かなきゃ~☆☆
ロックだぜッ^^v



ひとりの男が 巨悪に巻き込まれる
そのシナリオとは

首相暗殺の容疑者だった


おまえ オズワルドにされるぞ


キーワードは
イメージと思い出



なにかのキッカケで 
ふっと。。 思い出すこと あるよね^^
それは 
かならず どこかで つながってて
誰かを突き動かし 救われる人がいる


ファンタジーだょ って 一笑しちゃいますか


思い出って 呼び合うらしい
きっと きっと
君は 思い出すだろう
そして。。




キャスト&スタッフ 文句な~し


個人的に^^ キルオと地下水道 好き…☆



窮地の人を支え 救うのは 信頼
これって シンプルだけど タイセツなこと
いつか 
自身をも
救ってくれる てのひら かもしれなくて




あなたは どこまで人を信じることができますか




絆を信じたら 
思いがけない出来事が待っていて
ピンチを チャンスに変えてゆく
真相は 闇の中へ
そして ほろ苦い思いも かみしめる

だけど
一番 思いも寄らないのは

次の行動に踏み切る 自分自身なのかなぁ な~んてね



うん   ナミダって あったかい ね。。



原作を読んでなくても 読んでても

きっと 楽しめる そんなシネマ











DSC_0123_サイズ変更











試写会って はじめての体験で

みんな 段取り 良すぎー^^@@
座席を ささっと確保したら
持ってきた晩ごはん 
待ち時間に しっかり食べたはりましたぁ^^;
去り際も 実に 鮮やかーーー☆

試写会って こんなもん??




娘とわたしは
朝から ちょこっと 野暮用を済ませて
心斎橋で 久々のランチ
そごうさんが いつのまにか 大丸さんになってた!
オドロキ!!
って 遅ッ^^;
一日海遊パスがあったから 地下鉄乗り放題で^^w





いざ 海遊館へ

水族たち^^* 元気イィ~~☆


だって イルカは 冬の季語~~♪



天保山の港からの 夕日を惜しみつつ
試写会場へ 滑り込むーー
なんてアグレッシブな オフ  ふうぅ。。^^v


今度は 弁天町あたりを 
の~んびり カメラ散歩してみたいなぁ
このマンホールは
ファイクか なんて チェック入れつつ^^w





映画 ゴールデンスランバー オフィシャルは こちらから
http://www.golden-slumber.jp/





BGMは やっぱり これですねッ…☆
The Beatles GoldenSlumbers

 








突然ですが^^ 参加します…☆

宇宙展  

cafe bilico in Umeda Osaka

2010/3/1~3/27

一行詩と写真の
セルフ☆コラボレーションです
たぶん^^*




そして。。


なぞやしき企画展 素顔

なぞやしき in Kyoto

2010/4/3~4/10


イメージは まだ ふはふはと
海月のように 時空を漂っていますが^^



詳細は そのうち 告知します

予定 空けておいてね…☆










DSC_0099_サイズ変更

 

別窓 | cinema | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
たかぎち ようこ展  突撃!あの世の朝ごはん
2010-01-16 Sat 22:59




DSC_0073_サイズ変更 ☆







思い切って 出かけました~☆







DSC_0037_サイズ変更 ☆







お友だちの たかぎちようこさんの油彩画
個展のタイトルは。。
突撃!あの世の朝ごはん 
聴かされてたんだけどね 9月のなぞやしきで^^v








DSC_0013_サイズ変更 g







彼女のやさしさ 極上のピュア
そんな空気が 会場を浮遊する 
そして フシギな世界の境を見つめるような
目玉焼き お皿 羽あるもの

羽あるものは 彼方からの使者
いったい 
なにを伝えようとして やってくるのか
彼方って 
すぐそこにあるのかな 気づいてないだけで








DSC_0045_サイズ変更 ☆







2年前の二科展のとき 彼女の作品を撮った
拙いのに あの写真が一番好きですって
こんな うれしいことってないなぁ^^*








DSC_0022_サイズ変更 ☆






ありがとう 友よ







DSC_0058_サイズ変更 ☆







一枚一枚の絵を見守るように
小さな牛さんが。。
これは 彼女が 牛の文鎮を
丹念に 好みの柄に塗ったそうです
そういえば
きょうのコートも 牛柄ですねぇ^^@@








DSC_0044_サイズ変更 ☆






あなたと話していると ううん 話さなくても 
ふっと キモチが軽くなる
そのままで いいんだょ ココロのままで
そんなふうに感じられて なんだか 甦った気分♪







DSC_0072_サイズ変更 ☆








たかぎち ようこ展 
突撃!あの世の朝ごはん


2010.1.15(金)-20(水) 平日11:00~20:00 土日10:00~20:00
大阪市住之江区南港北1-13-11
ハイアットリージェンシー大阪 B1F
「ギャラリー・アット・ザ・ハイアットⅡ」
TEL 06-6612-2000
http://moonstruck.in/
(地下鉄南港ポートタウン線 中ふ頭駅から徒歩3分)

★JR大阪駅・・・ホテルバスターミナル
ホテルの無料送迎シャトルバス(30分間隔で運行) 
桜橋口からすぐの駅西 高架下バス停

たかぎちさんの在廊予定は 土曜日曜火曜が終日在廊
それ以外の日は18時から20時まで

まだ 日があります
お近くのかたは ぜひ…☆





2年前の二科展は こちらから
http://minstrel1209.blog62.fc2.com/blog-entry-50.html





ゆっくりとさせてもらって
あなたのお友だち 大切な人たちと
少しお話もできて
お母さまのサンドイッチも ご馳走になって
いつのまにか 街は マジック☆アワー
あ り が と う  また 逢いましょう^^*







DSC_0091_サイズ変更 ☆
別窓 | art | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
過ぎ去った歓びは
2010-01-15 Fri 21:08




いろんなことに 気づいたょ

お父さんが 旅立ってから




人を悼むコトバ

寄り添うココロ




思いやってるつもりだった

わかってるつもりだった

だけど すべては驕りだった





寄り添うのが

こんなに ムツカシイことだったなんて




がんばれないときって あるね

気づかなかったょ




あなたの哀しみ あなたの淋しさに

寄り添いたい そっと包みたい

いつか もっと 気づけるようになれるかな





ココロの棘を溶かすほどの

強いひかりが ほしいのに

なぜだろう

いまは どこからも届かない





もう少ししたら 元気になるから

ココロから 微笑むことができるから

そしたら 逢いたくなるから

それまで 待っててくれるかな





しばらく この守られた室で

じっと あたたまっていようと思うの

そしたら きっと あなたのひかりになれる気がする





シクラメンの 紅いのは 絆 

そんな花言葉もあったんだね








DSC_0039_サイズ変更
Cyclamen persicum サクラソウ科     花言葉  過ぎ去った歓び
別窓 | poem | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
帆柱となる日だまりの楡
2010-01-04 Mon 16:01




DSC_0098_サイズ変更 c










寒い朝の楽しみは


白い息

霜柱

鳥語

耀く雲

雫の煌き


そんな宝石を見つけること








想いが いつか琥珀になるまで
シアワセを数えて 生きていこう








ほんとうの船出が はじまる
わたしだけの帆柱を 見つけたから
しっかり 帆を張ろう

嵐がやってきても 耐えられるように
闇の中でも ひかりを見い出せるように
タイセツなものを 見失わないように











思ひ出はセーターのやうに畳まれて 帆柱となる日だまりの楡   kumiko











DSC_0078_サイズ変更











あすから 寒
一年で もっとも厳しい季節へ歩み入る
けれど
その先には 芽吹きの春が待っていて
寒は 春待ち そんなふうに感じられる


2010年 創作活動のキーワードは 革命

えーっ? らしくない かなぁ^^
これからは 自分で自身を律する
甘えない 驕らない フラットに
無限大へ 意識のフレームをとっぱらう


まずは 春の素顔展への助走。。
もうひとつの展示のお話も 迷い中^^
構想を練るときって ワクワクします♪

本年も どうぞよろしく。。☆








別窓 | poem | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
| MINSTREL LYRIC |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。