森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
繭は呼吸する 小板橋 慶子展 life-size 
2009-09-14 Mon 09:17




DSC_0144_サイズ変更 ☆





DSC_0021_サイズ変更 ☆






DSC_0140_サイズ変更 ☆







DSC_0194_サイズ変更






DSC_0128_サイズ変更







DSC_0029_サイズ変更






DSC_0113_サイズ変更







DSC_0097_サイズ変更






DSC_0035_サイズ変更






DSC_0145_サイズ変更







DSC_0163_サイズ変更








繭は呼吸する

彼女の作品に
出逢ったのは
BIWAKOビエンナーレ2007

そのとき
俳句が生まれました


月光の繭をうつつのごとくみる             kumiko


春の
なぞやしき素顔展で
はじめて
お目にかかり
チャーミングな
その素顔に触れて
今回
個展にお邪魔しました

繭のインスタレーションです

会期は
あすまで

お近くのかたは
ぜひ
  

小板橋 慶子展  life-size 

会期:2009年9月4日~15日  13~20時
会場:アートスペース亜蛮人   http://www.aband.jp/
   〒556-0005大阪市浪速区日本橋4-17-15
   tel 090-8209-7868



☆追記☆

小板橋慶子さんのブログは こちらから^^*

http://ameblo.jp/koitabashi-keiko

koiさん ありがとう 
淡海での個展 頑張って下さいねーー☆
再会を 楽しみにしています






○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
別窓 | scene | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
<<Sky Watcher in Osaka cafe bilico exhibition oto | MINSTREL LYRIC | moon flower ☆・*:..。o○☆*゚¨゚>>
この記事のコメント
すごい…
幻想的な雰囲気に見入ってしまいました^^
2009-09-14 Mon 20:29 | URL | 朱峰 #-[ 内容変更] | top↑
朱峰さん


ありがとうございます

繭のインスタレーション

久しぶりに
夢中になれました

同時に
表現力の足りなさを痛感

彼女のおかげで
もっと学びたい
そんなエネルギーが
再び
生まれてくるのを感じています

宇宙のように
時間も膨張しないかしら^^*
2009-09-14 Mon 21:30 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
前のこめんと入らなくて失例。

贅沢な時間をすごしていらっしゃるなと、ただうらやましいのと、すごいのひとこと。

頭の構造がちがうんだな。脱帽!!
2009-09-14 Mon 23:34 | URL | 亜紀 文 #-[ 内容変更] | top↑
自分の知らない世界、感覚、感性を体感すると
必ず思うことがある、
その発想はどこから出たんだろうと。
そういう刺激がまた好きなんです。

繭のこんなネイチャーな終着点、
こんな作品に生まれ変わるのなら
カイコさまも喜んでいるのではないかと、

ま、それを表現するように写真に収めたのは吟遊さんの腕かと。
2009-09-14 Mon 23:58 | URL | にゃん五郎 #WVb5vgCk[ 内容変更] | top↑
 吟遊詩人さん、こんにちは。

 繭のアート…拝見したいです。
 それと、この記事は「繭のインスタレーション」×「吟遊詩人さんのアート(写真&俳句)」になっていますね。

 相乗効果という言葉が浮かんできました。
2009-09-15 Tue 00:40 | URL | NOBU #bf2PXrYQ[ 内容変更] | top↑
亜紀さん おはようございます


いつも お越し下さって
ありがとうございます

実は 宇宙人なんです ワタシ^^


亜紀さんと
お目にかからなくても
こうして
ココロがつながってたり


彼女のように
作品にインスパイアされて
お目にかかったら
さらに その世界に
惹き込まれたり

これからも オソレズ
いい出逢いを重ねたいと
思っています
 
ありがとうございます☆
2009-09-15 Tue 09:02 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
にゃん五郎さん おはようございます


> 自分の知らない世界、感覚、感性を体感すると
> 必ず思うことがある、
> その発想はどこから出たんだろうと。
> そういう刺激がまた好きなんです。


この日は いい刺激を いただきました
創るということを 思い巡らせたり


> 繭のこんなネイチャーな終着点、
> こんな作品に生まれ変わるのなら
> カイコさまも喜んでいるのではないかと、


わたしも そう思います
彼女の繭に触れると
遠い記憶が 
呼んでいるような気がします^^


> ま、それを表現するように写真に収めたのは吟遊さんの腕かと。


それが もう 今回は 失敗できないから
プログラムモードとマニュアルと 両方で 撮りました^^;

次の個展のフォトも 撮らせていただけるので 
いまは それが とっても 楽しみなんです☆
2009-09-15 Tue 09:11 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
NOBUさん おはようございます


>  繭のアート…拝見したいです。

実際の作品は ホント 素敵なんです^^
花嫁のヴェールのようです
ドレスに仕立てたら どんなに綺麗かな~なんて♪


>  それと、この記事は「繭のインスタレーション」×「吟遊詩人さんのアート(写真&俳句)」になっていますね。

ウレシイ…☆
エールをいただき ありがとうございます

帰ってから また 俳句と歌が生まれました


>  相乗効果という言葉が浮かんできました。

もっと 対峙しないと
そう 思っています

だけど 作品と向き合っている時間は
ほんとうに 満ち足りていて
ほとんど 作家さんとお話してないことに
気づいたワタシなのでした~^^*
2009-09-15 Tue 09:21 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
吟遊詩人さんこんにちはー!
幻想的な繭の世界・・魅惑的です。
繭は呼吸する・・その昔、家の庭にあった
銀杏の木に蛾の繭がありました・・淡いヒスイ色
の繭・・官能的な刺激を受けたこと思い出します♪

これから繭を抜け出す@沢Gより。
PS.余談ですが、ワタクシ鶴田真由さんも好きです◎

2009-09-15 Tue 12:16 | URL | 沢G #-[ 内容変更] | top↑
沢さん こんばんは


翡翠の繭って 山繭でしょうか
綺麗ですよねーー☆


官能的。。なるほど ドキッと ね。^^*
そのヤママユさんを 筆箱に入れてたり^^??

わたしも 丹波のある民家で
お蚕さんが桑を食む音を 聴きました 
そんな遠~い記憶があります^^**
むかしは 生活とともに 存在したんですね

彼女の作品は ピュア
そして
ふんわり 包まれるような
あたたかさを感じます


> これから繭を抜け出す@沢Gより。
> PS.余談ですが、ワタクシ鶴田真由さんも好きです◎

羽化なさるんですか♪ 

そうそう 沢さんの大事なかた^^
どなたかに 似てらっしゃるなーって
ず~っと 気になってたんですが
雰囲気が 鶴田真由さんですねっ^^@@
2009-09-15 Tue 21:15 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
蚕さんがいて、作家さんがいて、
写真家で詩人である吟遊詩人さんがいる。
これをコラボと言っていいのかはわかりませんが、
写真、いいですね。

蚕さんは、すごいと思います。
この作品は繭をひとの手で広げていったものだから放射状の模様で面になりますが、なんらかの骨組みの上に蚕を置くと不規則な(あるいは、規則的な?)直線の集合の面を作ってくれます。
何にしても美しいから、アートでもクラフトでも利用範囲が広がっていますね。
森の中で見つけられるかな。木々に渡したヤママユの作品。
2009-09-16 Wed 01:36 | URL | エゴンシーレ #Cz2TWsoY[ 内容変更] | top↑
エゴンシーレさん おはようございます


ありがとうございます♪♪

なんだかねー夢中で撮ってました^^
こっそり 告白しますと
まともに 三脚使ったの はじめてです
だけど なんとなく しっくりこなくて
最後は いつも通り 手持ちで^^v

もっと こう撮れば よかったなーとか
でも これが いまの精一杯だから。。

わたしの企画展と重なったこともあって
発信すること
その大切さを 実感しています^^**


作品とは別に
お友だちのために
繭のウェディングヴェールとコサージュを
創られたそうですょ^^

素材そのままで ドレスはムリでも
サテンと組み合わせたら いい感じかも☆

いただいた名刺も 繭でした♪


> 森の中で見つけられるかな。木々に渡したヤママユの作品。

あ~それは 素敵だーー☆
さへづりが 星のように降ってきて
早春の芽吹きのような世界でしょうか。。^^*
2009-09-16 Wed 09:05 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-16 Wed 11:22 | | #[ 内容変更] | top↑
Mさま 


こちらこそ 
ご無沙汰いたしております

新生☆海図のほう 
ご覧いただきまして
ありがとうございます

ご用件は
さきほど
ご本人に お伝えいたしました
そのうち
お便りが あるかと存じます

ご活躍をお祈りしています☆
2009-09-16 Wed 11:50 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
繊細かつ幻想的な世界ですね。
光を当てるとさらに独自の世界が
広がっていく感じですね。

実は昔、蚕を飼ったことがあるので、
繭の手触り感は憶えています。
2009-09-17 Thu 19:41 | URL | thrash #-[ 内容変更] | top↑
thrashさん こんばんは


幾重にも重ねられた 繭のベールが
ひかりを やわらかに包んでいました

ライティングによって
日の傾きによって
季節によって
どんどん 変わってゆくでしょうね

そんな微かなひかりの移ろいを
もっと 捉えてみたかった^^

次回は みづうみの町での展示です
場所が 大阪から 和邇へ
それだけで きっと 全く違ったものになりそうで 
作品の完成が 待ち遠しくてなりません

わたしも 幼いころの繭体験が 甦りました
って
飼っておられたんですかーー
理科のキットか なにかで?? 懐かしいですね^^*
2009-09-17 Thu 20:18 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| MINSTREL LYRIC |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。