森 ひかり 雨あがり そんなココロのお散歩。 。 。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
風の音にぞ
2008-08-10 Sun 13:19




キンミズヒキ




主よ、もう秋です。
過ぎ去った夏は まことに偉大でした。
日時計の上に きょうは あなたの影を置き
そして 曠野に 風を放ってください。                   
                                          リルケ    秋立つ日 より



 


風のはちす




暦の上では もう秋
風の音にぞ^^*
そんな風を感じる 朝。。 
まっさらなマクロを携えて^^♪
いつもの 森へ。。 。 




サワギキョウ




あ~この先↓
生きもの注意報☆発令中~^^



ナルシスの水辺で
カナヘビ君に逢いました
きゃっ^^☆
彼は 素早い。。 忍びの者~^^♪
レンズの反射光で 驚かせてしまったのか 
一瞬で 草叢へ消ゆ。。
初マクロ^^@ ドキドキ~☆
ちと ボケ気味^^;




カナヘビ



ちょっぴり
気がかりなことが あって
ひとつ 解決~~♪
ゆっくり 話せました 娘と^^* 
すれ違いだったから 
気になっていて 




ハマユウの舞踏




家族だから
家族だけど 
話さないと わかりあえないことがある 
以心伝心 
それは 心地いいけれど 




レンゲショウマ




いろんなワダカマリが 
一気に解けて 
あなたは
きのうより
少し オトナになってた

世界は 自身を中心に
廻っていないことに
もう
気がついていて
生まれはじめる ジレンマ。。




蝶のカフェ




人は 
オトナになっても 
決して 完璧じゃないから

だけど
志を高く持っていれば
引力の法則で^^
素敵なことは いっぱい見つかる
いい出逢いが きっとある




lichen




そんな こんなで
いつのまにか 
恋愛論になってたり^^* 

恋と愛について
求めない愛 
愛する ということ。。




蔓のウジャト




なんだか 素直になれた
話すこと 伝えること 
そんな タイセツを憶ふ


万有引力とは
ひき合う孤独の力である
                              谷川俊太郎     二十億光年の孤独 より





リコリス
森のリコリス        ナツズイセン  ヒガンバナ科 Lycoris squamigera


Le vent se lève, il faut tenter de vivre.  
                                  Paul Valéry  海の墓地 より
別窓 | essay | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
彼方へ
2008-08-02 Sat 14:27




slumber
slumber



早起きしたから
そろそろ って
だけど 
まだ 帰りたくなくて

そんな欅の森で
唐突に
立ち合いました
一匹の蝉の。。

ひとひらの花よりも 
静かに 
蝉は 舞い降りてきて
なんてあっけない 刹那




side
side



空蝉にも
タマシイの残り香を 感じるけれど
地に横たわる
仰向けの蝉のカラダは
近づけば
ふいに 飛び立ちそうな気配さえ

彼が もう一度
渾身で
見ようとした光景は
なんだったのか




heaven
heaven




はじめて出逢った
瑞々しい 森の翠。。
それとも
ココロを焦がす 夕焼け

己の這い出た
ブラックホール。。




frill
frill




そうして
彼のタマシイは 
流れ星を潜り
煌めく星の河へ
ダイブ。。 。




森のオフタイム^^*
森のオフタイム^^* 



いのちって
儚い 
だけど
その耀きは

不可能を 可能にするチカラ

別れのあるところに
出逢いがあって
だから

そんなふうに
幾度も 
確かめながら
生きてゆくのだろうか




導くもの
導くもの 




オリンポスの神々は
永遠を生きる

それゆえ
彼らは ニンゲンに嫉妬する
限りある いのち 
その眩しさから
目を逸らすことが できない




supernova
supernova




一期は 瞬きだと 
誰かが 言っていたけれど

ときめいたり
ひとりぼっちだったり
ココロは 
まるで 万華鏡

でも
振り向けば
ふわりと
包まれる やさしさ

ありがとう
出逢えて よかった
あなたと^^*




風姿
風姿 




競うなら
志の高さを
いつも いつまでも

逢いたい人に 逢いにゆこう
自分自身を 信じよう 
そんなことを 想う
森の朝。。。




彼方へ
彼方へ 



夜、星を見てほしい。
ぼくの星は とっても小さいから、
どこを探せばいいか 指さしては教えられない。
その方がいいんだ。
ぼくの星は たくさんの星の中に混じっている。
だから、きみは どの星のことも好きになる。      サン・テグジュペリ 





カノコユリ
森のカノコユリ


P.S.
告白~^^♪
とうとう マクロレンズ 買ってしまいましたぁ^^* 
まだ 試してないけれど。。。
はじめてのレンズ交換 ひとりで上手くできるかなぁ。。
ドキドキ^^
そのうち デビュ~しますね~~☆
別窓 | essay | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
blue forest
2008-07-05 Sat 08:20




森番のつぶやき





石田衣良
てのひらの迷路short story
この短さが 心地よくて
休憩やバス待ちに
なにげなく 開く
虚構とも 現実ともつかない物語
短さゆえに
引き摺らない
けれど
気持ちが 切り替わる
そう
砂時計を裏返すように。。




白蝶草




句会では
大抵
作者を 最後まで明かさない
スリル^^*
講評のあとの 名乗り
ファーストネームor俳号
明らかになったとき
座に
ふっと風が生まれる 気がする^^
緊張と解放
この瞬間が 好き



菩提樹の実




え~意外。。
ふぅ~流石~やっぱりねぇ
ホント
誰の句か わからない
わからないから 面白い
次は
どんな手の内を 
魅せてくれるだろう ってね^^v




blue forest




このたび
俳句界7月号掲載の論考へ
あたたかなメッセージをいただき 
感謝申し上げます
わたしにとって
評論は 絶えず冒険であり 
極めてゆきたい分野のひとつ
これからも
ご教示いただけると 
とっても ウレシイです♡




忘れ草
忘れ草 わが紐につく 時となく 思ひわたれば 生けりともなし      万葉集





P.S.♪
歌仙や歌会に句会に
ごいっしょさせていただいているRさんが
ご自身の発行するメルマガ
ふわりと一句で 
わたしの俳句を 
鑑賞して下さいました
ちょっと 懐かしいロダンの掌からの一句
Rさま ありがとうございます^^*

こちらから
http://bn.mini.mag2.com/backno/bodyView.do?issueId=20080704122000M0051420000




業平竹




もうすぐ 七夕☆彡
俳句では
旧暦なので 秋の季語。。
ちなみに 今年は8月7日
七夕には
さまざまな伝説やファンタジーがあるけれど
印象的なところでは 
瓜を縦に割ってはいけない と言われたのに
割ってしまって 
洪水が起こり 天の川になった
というもの
中国では 銀河 銀漢
ギリシア神話では ヘラの母乳 Milky Way
アメリカンネイティブは 魂の道
これは この世を去った人が  
天国へ向かう 天の道という意味らしい
切ないけれど 
悠久の流れを感じるなぁ。。




蔓のハート^^♡




こういう説話 
この星ではね 
不思議に
深いところで 繋がってる
そんな気がします。。。
気持ち というか 
無意識 というか

だから
メロンを切るとき
いまだに いつも 緊張してしまふ^^;



公孫樹




星に願いを^^☆

降っても 晴れても
空には 星が輝いているから
いまは
そう 信じられる

あなたにとって
素敵な七夕になりますように・*:..。o○☆*゚¨゚ 




under
別窓 | essay | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
A Midsummer Night's Dream
2008-06-21 Sat 08:02




泰山木 セピア
泰山木 




きょうは 夏至 
一年で最も長い昼 夜は かくも短く^^
短夜 ミジカヨ 明易し アケヤスシ 
そんな季節
ここは 聖地ではないけれど
いにしえよりの祈りが満ちている
そんな場所
だから
今年も
わたしの中で
静かな時間を持とうと思います
キャンドル☆ナイト
http://www.candle-night.org/jp/

愛する人のことを 想いながら
ひとりひとりのシアワセを願って
だれもが そんな穏やかな時間を持てば
きっと もう少し
いい世界になる そう信じたい^^♡



花びらの奥には
花の奥には 




いつのまにか
泰山木が 花を終えようとしていて
よく見ると
ほんとうに 不思議なお花
なんというか 風格
ひとつの句が ココロに浮かびます

ロダンの首泰山木は花得たり    源義

この先師の句の存在もあって
俳句には 仕立て難い^^
泰山木 タイ サン ボク 
そう 濁らない^^ 
モクレン科 Magnolia grandiflora



蕾
泰山木 蕾




あなたは いつから咲いてたの^^?
ジュラ紀のころから
咲いてるような気がする
って 誰かが 
ある句会で つぶやいてたなぁ。。

徒歩5分の森では^^*
植物たちのお世話をしている方に
よく バッタリと^^;
カメラぶらさげてるのが 珍しいのか アヤシイのか^^
熱心ですなぁ だって^^;
そりゃ~雪の日もお散歩してたら
チェック 入るだろう ね^^*



花得たり
花得たり




ここは 研究のために
植栽された森だから
いろんな珍しい木や花がいっぱい~☆
だけど
お薬を一切撒いてない
ほんとうに 気持ちのいいところ

ブルー☆メタリックな蝶 ゼフィロス
なぜか
ギリシア神話の西風の神さまと
同じ名前を冠する
春に 見つけたときは
息が 止まりそうでした。。ドキドキ。。。



花びらのうてな
うてな




雨季に入ったばかりのころ
甘茶の花
あっちに いっぱい咲いてるから~って
秘密スポットを教えて下さる^^*
額の花だと ずっと信じてた木は
実は 甘茶だった^^

雨の匂いの朝
季節は ゆっくり動きはじめる
緑蔭で 草むらで 下闇で なにかが蠢く^^
泰山木の花の果に魅せられて
ぐぐっと寄ってたら ドサッ。。??? 
墜落~~黄金虫~^^;
お昼寝してたみたい。。
驚かせてしまった かなぁ

オフは しばらく
ホントの休養日になりそうで
このブログも 
しばらく お休みしようかな
7月になったら 
わたしのフウの森へ 行けるかしら
すぐにも 飛んで行きたいけれど。。。



花の果
泰山木 花の果




え~~そして 
お知らせです^^@
俳句界 7月号 6/25 全国書店にて発売されます
星のギリシア神話考P.4.&フォト掲載 モノクロームですが 2枚^^*

河 魂の一行詩 7月号  7/1発売 
一句鑑賞 こちらは コンパクトに書いております^^v 

昼過ぎのシーツを泳ぐ金魚かな   春樹

表紙の句とリンク つくづくシュル~ですねぇ 好きだけど^^*
装丁も ちょっとお洒落 浅沼剛九さん
どちらも モチロン 本名で載ってます^^w
ジュンク堂 紀伊国屋あたりに置いてま~す♪
立ち読みしてみて下さると ウレシイかも^^☆

シェイクスピアには
夏の夜の夢
A Midsummer Night's Dream
妖精たちの祝祭が 
はじまろうとしている

夏至の夜のキャンドルとなる花の芯   久美子



空へ
空へ



こちらに
ちょっとした実験をupしました^^@
minstrel☆sanctuary

別窓 | essay | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
metamorphose
2008-05-29 Thu 20:37




ブラックベリー





父の誕生日
おめでとう☆メールを送ったら
優しいコトバの洪水(*^_^*)

お父さん ありがとう 
あなたの娘に生まれたシアワセ 
そして 限りない感謝
いつまでも 長生きしてね。。




シライトソウ





羊歯の森を
カメラぶら下げながら 放浪中
森の仙人に 出逢いました

ほら そこにいますよ って
不思議な植物を指しておられる
テンナンショウみたいですね~
そうそう^^




ムサシアブミ





なんとなく 気に入られてしまったみたい^^
おもむろに本を取り出して
ムサシアブミのページを開ける仙人
どの部分が花なのか 図解で教えて下さる

あら~☆
花は隠れているんですね
こうして見ると 鐙というより
なにか 想いに沈む人のようにも感じられて




メタモルフォーゼ





雨季が近づいている
雨の上がった森は 湿り気を帯びて
蛙池のあたりには 生まれたての蜻蛉

木漏れ日に誘われて 深い森に迷い込む
なんだか~いい香り
ふと見上げたら 
ひっそりと ヒメウツギの花盛り 
サラサウツギ
白から濃紅に変わる ハコネウツギ

白い花が微笑む^^*
ふと そんなフレーズが 浮かんでは消え




ヒメウツギ





追伸/~~  入稿~☆写真もね(^-^)g" ホッ*
俳句界7月号 6/25発売の七夕特集ページに
星のギリシア神話 論考 
そして
テーマ☆イメージに合わせた写真を掲載予定

結局 わたしらしい写真しか撮れないから
そこへ落ち着きました^^
気に入ってもらえたようで~ウレシイ限り~☆




カササギ





西陣ロケハンからスタートして 
いろんなことを
置き去りにしてしまった
五月逝く

観たかったシネマ。。
大阪の写真展。。。
逢えないあなた^^

想いを積んだボートが
ゆらゆらと
ひかりの波間を滑り出す




緑蔭
夏の漂着^^w




こちらにも 微笑んでます^^*
http://minstrel12.exblog.jp/

別窓 | essay | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
BACK | MINSTREL LYRIC | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。